看護師 需要

看護師の需要は高い

慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。
することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。
履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をすることになります。しかし、看護師としての能力と同様に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も観察されることになるはずです。
技能や知識のみならず、人としての良い面を相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。

 

看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字で表現した場合、この二つになります。

 

 

少し前までだと、「看護士」が男性、看護婦は女性と明確に分けられていました。

 

 

法の改正があった2001年をきっかけとして、性別に無関係に使用できる看護師という呼び方に一元化しました。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。
また、病棟勤務と違い、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気の医師のところなどでは、待合室に患者があふれるようなことにもなって、対応には時間がかかるでしょう。
クレームが入ることもよくあります。
身につけたいスキルについてもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。

 

要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように積極性を感じられる理由を挙げたいところです。
あまりイメージに無いかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。

 

保育園を職場にするのは、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、おススメの職場だと言えますね。

 

 

 

病院とは違って、保育園での看護師の仕事は看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切な仕事です。

 

一般的に、看護師の中には愛煙家が少ない気がしますが、やはり平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識している人が多い職業であるということが理解できると思います。

 

ナースの就職と選び方